ジブン手帳 2013→2022の変化(2) 記入例の物語

前回の記事、「ジブン手帳 2013→2022の変化(1) フォントや記号はどう変わった?」の続きです!

記入例も改善されている

今日はジブン手帳の記入例のページについて。

2013年版→2014年版の変化

まず、2013年版はこんな感じで↓

2014年版はこんな感じ↓

2014年版は、書いてあることは2013年版と同じですが、よく見るとフォントが変わっています

そして、左側のTo Do欄に書いてある内容の一部が(point)というボックスに入りました。

金額表示が「¥」から「円」へ

あと、すっごく細かいことなんですけど、金額の表記が「¥6000」から「6000円」に変更されてたりもするんですよね。

2013年版↓

2014年版↓

2015年版→2017年版の変化

で、2015年版になると、(point)ボックスの背景色がグレーになり、

2016年版では睡眠時間に斜線がかかります。

2017年版は特に変わりなし……かな?

ここまでは、色々と細かい変化はありつつ、書いてある内容はずっと同じでした。



ジブン手帳の記入例に「物語」が!

ところが2018年版からは、記入例の物語が動き出します!

まずは恋人にプロポーズして、

2019年版ではついに挙式↓

2020年版では奥さまが「つわり?」

2021年版では第一子誕生!!おめでとうございます!

そして2022年版では、

娘さんの夜泣きで起き、オムツ替えをしております。

さらに、テレワークをしているところが時代を反映してますね……。



2018年版→2022年版、物語以外の変更部分

一方、物語以外の部分もちょこちょこ変更されてます。例えば、

・2018年版からは、「その日の大まかな予定」の文字が小さくなりました。

・2019年版からは、蛍光マーカーの使用が増えます。

・2020年版では、蛍光マーカーの太さが変わったり、(point)ボックスからの矢印の出方などが変わったり。

・2022年版では、(point) が POINT に変わったり。

他にも細かいところが少しずつ変わっています。毎年、改善を重ねているんですね~!

2020年版で初めて変わった「今」

あと、2019年版までずっと「金曜日」の列にあった「今」の文字が、2020年版で初めて「木曜日」の列に移動しています!

こちらが2019年版の「今」↓

そして、2020年版の「今」↓

2020年版を始めて見たときに、個人的に一番「おおっ!!」と思った部分がコレでした。

ちなみに、2021年版も2022年版も「今」は木曜日になっています。

年々進化を遂げるジブン手帳。これからも末永く販売されますように!

↓あと、ガイドブックも毎年おもしろいですよ♪


ジブン手帳公式ガイドブック2022
  • URLをコピーしました!
もくじ